援助交際で男性が選ぶ女性の特徴とは?

援助交際ではお金を稼ぐことが出来るのです。
しかも援助交際では高額なお金が入る時もあれば少額なお金しか稼げない時もあるのです。
しかし援助交際でお金を稼ぐことが出来るの無論女性に限ってのことなのです。
男性は援助交際を女性としたがるのです。
援助交際で男性が選ぶ女性の特徴というものがあるのです。
スタイルは勿論のこと顔が綺麗だということが絶対条件なのです。
私の近くにスタイル抜群で顔も綺麗なぴちぴちの女子大生が住んでいるのです。
その女子大生はお金欲しさにある日から援助交際を始めたのそうなのです。
その女子大生は出来るだけお金持ちの人を援助交際の相手に選んでいるそうなのです。
援助交際をする人の中にはお金持ちもいるのです。
その女子大生は見事お金持ちの人と援助交際をしたらしいのです。
その人から200万円も貰ったらしいのです。
私が思うにその人が200万円もの大金を出したのはスタイル抜群プラス顔の綺麗さに加えてその女子大生の胸が大きくておっぱいも揉み応えがあったからだと思います。
そしてその女子大生は200万円をその人から貰ったので思う存分におっぱいを揉ませたりパイズリをしたりフェラもしたりして200万円もの大金をくれた人に最高のご奉仕をしたらしいのです。
その人とのセックスの後は200万円を貰ったにも関わらずに次の大金持ちの人とセックスをしては大金を貰いセックスをしては大金を貰って滅茶苦茶稼いだらしいのです。
その女子大生はスタイルと顔とおっぱいの大きさなどを武器にして援助交際で滅茶苦茶稼いだそうなのです。
そんなに顔が綺麗ではなくスタイルも普通の女性でも私の近くに住んでいる女子大生のようには稼げないのですが、それでもかなりの額は稼ぐことが出来るのです。
私の近くに住んでいる女子大生は大金持ちばかり斗出会えたのは、よほど運が良かったのでしょう。
私の近くに住んでいる女子大生は運が良かっただけで大半は少額のお金しかくれない男性の方が多いのです。
少額といっても数万円は入ってくるのです。
少額でもコツコツと貯めていけば大金になるのです。

援助交際をするには子供だけではなくて親にも責任があるのです

援助交際が後を絶たない理由は沢山あるかと思います。
その中でも一番多いのは夫婦間の仲にあると私は思います。
夫婦の仲が悪くなると子供にまで当たり出します。
別に自分は悪いことは何もしていないのに。
それを繰り返してしまうと子供は自分の居場所はここには無いんだと思い次第に援助交際をするのだと思うのです。
その他にも両親が忙しく何日も家に帰らないと子供が帰ってきても一人寂しく自宅に居なくてはいけないのです。
なのでどうしても両親の愛に飢えてしまうのです。
そういう家庭の子供もやはり援助交際をしてしまうのです。
前項で紹介した子供たちは援助交際で相手の温もりを得ようとするのです。
そして交際相手の愛を感じてしまうのです。
それが偽りの愛だとしても自分は愛されているのだと思い中々援助交際から抜け出せないのです。
これらが援助交際が後を絶たない理由かと思うのです。
これは当然のことかもしれないのですが夫婦間の仲が良くて両親がいくら仕事が忙しいといっても家に帰ってきて子供に愛を与えるなどのことをすれば確実に援助交際をする子供が減るのです。
そして世の中の家庭の子供がそのような家庭に育てば援助交際は消滅するかと思います。
従って援助交際をするには子供だけではなくて親にも責任があるのです。
どうしてこんな世の中になってしまったんだろうか?私は援助交際に関係ないといってもその問題にいつも頭を悩まされるのです。
話は変わりますが私の知人にも援助交際をしている子が居るのです。
やはり、その子の家庭も夫婦間の仲が悪いそうです。
その子の夫婦は仲が悪い上に二人とも仕事が忙しくて家に帰らない日がざらにあるらしいのです。
なのでその子が自宅に帰ってきても一人寂しく過ごしているそうなのです。
だからその子も援助交際に走ってしまっているらしいのです。
可哀想に。
私の家庭環境はとても良好なのですが出来ることならば、その子と代ってあげたい位です。

援助交際をする女性は見知らぬ男性とセックスをするのが目的なのです

援助交際をする女性は見知らぬ男性とセックスをするのが目的なのです。
セックスは普通男性が女性に優しくするものなのですが、援助交際の場合はそういう訳にはいかないのです。
優しくセックスをする男性もいれば乱暴なセックスをする男性もいるのです。
ほぼ乱暴なセックスをする男性が多いといってもいいと思います。
せっかく親がお腹を痛めて生んだ子供なのですから、そんな乱暴なセックスをされるとせっかくの体がずたずたになるかもしれないのです。
ですから自分の体を大切にした方が良いと私は思うのです。
私は援助交際をするのは別に反対ではないのです。
むしろ大いに援助交際をしても構わないと考えているのです。
ただ1点だけ援助交際をする女性たちに言いたいことはせっかく親がお腹を痛めて生んでくれたのだからその体を傷つけないようになるべく紳士的な人を選んだ方が良いと言いたいのです。
こういう事を援助交際をする女性たちに言いたいのは言いたい理由が私にはあるからなのです。
それは私の身近に容姿端麗で思わず私が見とれそうになった女性が居るのですが、その女性がたった1回の援助交際で、とある男性に体をずたずたにされたからです。
私の身近に居る女性は夜遊びなんて生まれて1度もしたことが無かったのです。
それどころか夜遊びには興味がなかったのです。
それが段々成長するにつれてそういう遊びにも興味が出てきたらしいのです。
そして、ある日親に黙って1度だけ夜遊びをしたそうなのです。
すると、とある男性から声をかけられたそうなのです。
そして、私の身近に居る女性とその男性との援助交際が始まったのです。
思えばそれが全ての間違いだったのです。
その男性は私の身近に居る女性の体が目的だったのです。
いわゆる誰でも良いからであった女性とセックスがしたかっただけらしいのです。
そしてお互いに了承してからラブホテルでセックスをしたそうなのです。
私の身近に居る女性はその男性が優しいセックスをしてくれるかと思ったそうなのです。
ですが、セックスをし始めると初めは気持ち良かったそうなのですが段々と乱暴なセックスに変わっていってしまいには私の身近に居る女性は体をずたずたにされたらしいのです。
それと同時に精神的にも深い傷を負ってしまったらしいのです。
私の身近に居る女性が私の所に帰ってくると私はあまりも悲惨的で声もかけられなかったのです。
これならば援助交際をするといった時に止めなければならなかったかなと非常に後悔して今でも私は今でも自分のことを責め続けているのです。
なのでこれから援助交際をする女性には他人とはいえ、そうなってほしくないのです。
だからせっかく親がお腹を痛めて生んでくれたのだからその体を決して傷付けずに大切にしてほしいと言いたいのです。

援助交際をする女性は単に男性と付き合いたいだけなのです

援助交際をしてくる女性は何もセックスがしたいという訳ではないのです。
なのに援助交際しない?と女性が言うと男性は勝手に「この女性はセックスがしたいのかな?」と思ってしまいます。
女性の方は単に付き合いたいだけなのに・・・。
なのに男性は女性の了承も得ずにラブホテルに連れていき女性が拒んでも男性は無理にセックスをするのです。
すると次第に女性の方は涙目になり泣き出してしまったのです。
そういう経験をした女性を私は知っているのです。
何を隠そう、その人は以前私が良く付き合っていた女性なのです。
私とその女性は以前付き合っていたのですが、他愛もないことで喧嘩になって喧嘩別れをしてしまったのです。
なので、そういう経験をさせたのは私にも責任があるのです。
その人はそういう経験をしたせいで全ての男性を信じられなくなってしまったのです。
そこには当然私も入っていたのです。なんていんですか、その人は全ての男性に対して拒絶反応が芽生えたらしいのです。
一回のそういう経験をしただけで拒絶反応が芽生えたらしいのです。
それから私が言う言葉や私が取る行動が全て嘘に思えてくるらしいのです。
私からしたら良く付き合っていたからその女性を騙すはずも嘘つくことも全く無いのです。
それをその女性に言っても全く聞く耳を持たないのです。
言うなれば馬の耳に念仏状態なのです。
私は仕方がなく街に繰り出して一人一人に援助交際で男性にひどい目に遭わされたことがあるかどうかを聞いて回ったのです。
そういう事を聞いて回ること2時間30分が経過したのです。
その間にも私は私が良く付き合っていた女性を援助交際で男性にひどい目を遭わされた経験を忘れてあの日のように私とより良い付き合い関係に戻したいと思っていたのです。
そして3時間が経過した時のことでした。
援助交際で男性にひどい目に遭わされた経験がある女性が見つかったのです。
私はその人を連れて私が良く付き合っていた女性の元に向かったのです。
すると長い間その女性と話し合い話し合った結果私と良く付き合っていた女性は泣き崩れたのです。
そして私が泣き崩れた所で部屋に入っていったのです。
そして「援助交際でひどい目に遭ったんだね、もう大丈夫だよ、これからは私が君を守っていくから」と言っておでこにキスをしたのです。
すると私と良く付き合っていた女性は泣き止んで微笑みながら「ありがとう」と言ってくれたのです。
その騒動から私と私が良く付き合っていた女性との絆は固くなっていき、これまで以上により良い付き合い関係になっていったのです。
これも私が走り回りそういう経験に共感してくれる女性を探し出し私が良く付き合っていた女性を救ってくれたからだと思っているのです。
その女性に私はいつかお礼を言えたらなぁと思っているのです。

援助交際をする人は10代の女性から40前の女性まで幅広いのです

援助交際をする人は10代の女性から40前の女性まで幅広いのです。
援助交際は大体何も知らない純真無垢な10代の女性が男性に騙されやすいのです。
ですが、20代・30代の女性も男性に騙されやすいのです。
40前の女性にもなってくれば知識もそこそこあるので男性には騙されにくくなるのです。
援助交際で男性が女性を騙す方法とは「お金をあげるからセックスしない?」とか言って実はお金を渡さずにセックスをする方法なのです。
この方法を用いて女性を騙しセックスをする男性が増えているのです。
お金を貰わないでセックスをする方法は女性は嫌がるのです。
そんな嫌がる女性を無理やり押し付けてセックスをするのです。
しかもこれはまだ序の口なのです。
もっとひどいのはここからここまでセックスをしなければお金はあげないと女性に言ってとりあえず男性の言う通りの所までセックスをするのです。しかしそれでもお金は貰えないことがあるのです。
極めて卑劣な方法ですよね。女性を騙すなんてもってのほかです。
援助交際で男性が女性を騙すには、きっと「こいつはお金目的」だと見抜いているのでしょうね。
そんな女性心理を見抜いているからこそ男性は女性を騙すのだと私は思います。
しかし女性を騙してその人は良心が痛まないのでしょうか。
私なら良心の呵責に駆られてしまうと思うのです。
私は女性を騙したりとかはしないのですが、私がもし女性を騙すならば騙した後で絶対といっていいほどに良心の呵責に駆られてしまうと思います。
そして、もう女性を騙すことを止めると思います。
援助交際で男性に騙されないようにするには最初から援助交際をしなかったらいいのだと思うのです。
だけど女性は何故か援助交際をしてしまうのです。
女性は何で援助交際をしてしまうのでしょうね。
私には、もはや理解不能なのです。
ひょっとしたら女性は男性に騙されることによって快楽を得ているのではないのでしょうか。
私には、そういう気さえも感じ取れてしまうのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ